三菱大夕張鉄道の歴史

三菱大夕張鉄道は明治44年に大夕張炭坑の専用鉄道として清水沢一二股間が開通。
その後炭礦の北部移転に伴い、南大夕張~通洞間が延長されたが昭和14年には地方鉄道に改組され、大夕張炭礦の他、沿線の北菱鹿島炭礦、北夕炭礦等の石炭輸送、森林鉄道で運び出された本材輸送など、沿線産業の開発に大きな貢献をした。
また、道路が未整備であった昭和30年代後半までは、地域住民の貴重な足でもあり、南大夕張炭礦の合理化で鉄道が廃止されるまで残った「石炭ストーブ」列車は夕張の冬の風物詩でもあり住民等に親しまれていた。

ooyubari_map

三菱大夕張鉄道略年表

明治44年 6月 1日 大夕張炭坑(株)専用鉄道開通。清水沢一二股(後の南大夕張)を鉄道院の運転管理で運行。写真1
大正 5年 2月17日 大夕張炭坑(株)を三菱合資会社が買収。写真2
大正 7年 4月10日 三菱合資会社の鉱山部が独立し三菱鉱業(株)設立。
昭和 4年 6月 1日 炭礦の北部移転に伴い南大夕張~通洞(後の大夕張炭山)間延長。自営運転を開始する。
昭和14年 4月20日 地方鉄道に改組。新清水沢一大夕張炭山間、16.8kmを三菱鉱業株式会社線として営業開始。写真3写真4
昭和22年 1月16日 国鉄清水沢駅に乗り入れ、清水沢一大夕張炭山間17.2kmとなる。
昭和25年 4月 1日 三菱鉱業(株)が美唄鉄道(株)を吸収合併。三菱鉱業(株)大夕張鉄道となる。写真21 竜田沢埋立て
昭和44年10月 1日 三菱鉱業(株)が「石炭部門」を分離。三菱大夕張炭礦(株)大夕張鉄道となる。
昭和45年 8月 1日 南大夕張炭礦営業出炭開始。写真6 写真7
昭和46年 8月22日 南大夕張~大夕張炭山間で9600形3重連運転排雪列車
昭和48年 8月21日 大夕張炭礦閉山。閉山反対列車
昭和48年12月15日 南大夕張~大夕張炭山間廃止。「さよなら列車」運行。
昭和48年12月17日 三菱大夕張炭礦(株)と三菱高島炭礦(株)が合併。三菱石炭鉱業(株)鉄道となる。
昭和48年12月28日 清水沢~南大夕張間に「SLさよなら列車」運行。
昭和60年                           写真12
昭和60年10月27日 北海道大学鉄道研究会「ゆうばり号」「運転。
昭和62年 7月21日 南大夕張炭礦の合理化で鉄道廃止。「さよなら列車」運行。さよなら列車写真2

大夕張鉄道写真館はこちら