乗換え案内・周辺の鉄道

夕張市内には三菱大夕張鉄道のほか国鉄夕張線、夕張鉄道、北炭真谷地専用鉄道と多くの鉄道(森林鉄道や炭鉱施設としての軌道を除く)がありました。

ここでは、それらの鉄道の概略を紹介します。


国鉄・夕張線(現JR北海道石勝線夕張支線)

明治23年に設置された夕張採炭所(後の北炭夕張炭礦)の石炭輸送を目的として夕張線は北海道炭礦鉄道により明治25年11月に追分~夕張間(42.8Km)が開通し、明治39年には国有化された。

一方、紅葉山~楓間は明治40年5月に貨物線として開業。大正5年6月には楓~登川間の三井鉱山専用線(明治44年11月開通)を譲受け紅葉山~登川間(7.6Km)を夕張線支線として開業した。

大正から昭和7年にかけては複線化され、夕張鉄道と共に夕張炭田の動脈として小樽・室蘭の両港に多くの石炭を運び出した。

戦後は石炭の輸送も苫小牧港向けが多くなり、D50形やD51形SLが活躍。また昭和36年1月には札幌~夕張間に「準急夕張号」が運転され、翌年には全旅客列車が気動車化され客貨分離が完成した。

昭和50年12月24日にはD51241号により、我国最後の最終SL貨物列車が運行されたが、昭和56年10月には石勝線の開業により同線の支線となり、紅葉山(石勝線開業に伴い新夕張に改称)~登川間も廃止された。

国鉄の分割民営化により昭和62年4月にはJR北海道の経営となり、相次ぐ炭鉱の閉山・合理化により石炭列車も同年10月に廃止された。

前橋市で保存されている、
元追分機関区所属のD51916


大正7年頃の夕張駅構内と石炭列車。24t積み
の「オテセ」(大型・鉄製・石炭車)が並んでいる。

夕張駅構内で入れ替えに活躍する9600形SL。
昭和24年撮影。

夕張鉄道

北海道炭礦汽船(株)は北炭夕張炭礦の坑内充填用火山灰の輸送と、札幌・小樽地区への短絡路線として夕張~栗山~野幌間の鉄道建設を計画し、大正10年に夕張鉄道(株)を設立し工事認可を受けた。大正15年10月に新夕張(昭和29年に夕張
本町に改称)~栗山間が完成・営業を開始し、昭和5年11月には残る栗山~野幌間の延長工事も完成し全線53.2Kmとなった。

戦中、戦後を通じ夕張鉄道独自の11形SLや国鉄9600形と同形の21形SLが石炭輸送や炭鉱の生産資材の輸送に大きな力を発揮した。

また旅客サービスにも力を入れ昭和27年には気動車を導入、翌年増備されたキハ250形は国・私鉄通じて北海道初の液体式気動車であった。

昭和36年には国鉄「準急夕張号」に対抗して急行列車も運行し、スイッチ・バック駅として有名であった「錦沢」にも遊園地が設置され沿線随一の行楽地として賑わった。

昭和40年代に入ると沿線炭礦の合理化や閉山、バス路線の発達などにより合理化・縮小を余儀なくされ昭和44年にはDL2両を導入、昭和46年11月には夕張本町~栗山間の旅客営業廃止(夕張本町~鹿ノ谷間の鉄道廃止)、昭和49年には
栗山~野幌間の旅客営業休止、鉄道事業の北海道炭礦汽船(株)への譲渡などを経て、昭和50年3月には同鉄道沿線では最後まで操業した北炭平和炭礦の閉山に伴い廃止された。


開業に当りドイツ・コッペル社から購入した1号機。
昭和40年まで活躍した。

行楽客で賑わう錦沢を行く、MMT編成の下り気動
車列車。昭和30年7月撮影。

鹿ノ谷に進入する11形(12号)+21形SL重連に
よる貨物列車。昭和49年。

北炭真谷地専用鉄道

真谷地地区の炭礦は当初個人所有であったが、明治38年に北海道炭礦汽船が買収し本格的な開発がなされ、大正2年12月に沼ノ沢~真谷地間4.4Kmの専用鉄道が開通、鉄道院の管理下で石炭輸送を行い便乗扱いで沿線住民の輸送も行われた。

客車の連結はバス運行により一時中断されたが、燃料統制によるバス路線の休止により戦争中に復活、戦後は炭住街の増設に伴い居住区に合わせ「真栄町」「清真台」の停車場も設置された。

戦後は国鉄払い下げの8100形SLが客車運輸に活躍したが昭和40年12月から翌41年にかけて三菱鉱業美唄鉄道より4110形が入り9月には客車運輸は廃止されてしまった。

その4110形も夕張鉄道より9600形が入線し廃止され、SL自体も夕張鉄道のDLを譲受し昭和50年に廃止となった。

三菱石炭鉱業鉄道(大夕張鉄道)の廃止後、夕張市内に唯一残った炭鉱鉄道である同鉄道も北炭真谷地炭礦の閉山により市民に惜しまれながら昭和62年10月に廃止された。


沼ノ沢に停車中の8100形SLによる客車列車。
昭和40年頃。

真谷地機関庫での5055号。昭和40年末から
昭和41年にかけ美唄鉄道より4110形を導入。
5055号・5056号として使用。客車はこれに伴い
昭和41年9月に廃止された。

(写真はすべて、夕張市石炭博物館・奥山道紀所蔵。無断転用を禁じます)

コメントをどうぞ