三菱大夕張鉄道保存会について

minamiooyubarinight

三菱大夕張鉄道保存会は平成11(1999)年7月の発足以来、月にほぼ1回のペースで保存車両の補修作業を展開する一方、保存車両を地域住民の交流の場とすべく「汽車フェスタ」、「シューパロ展」などを通じ活動を継続して来ました。この間、国道452号線に面する保存車両には多くの観光客が訪れ、客車内のノートには様々な感想が書き残されています。

平成16年8月には夕張市長の諮問機関「夕張シューパロダム周辺整備検討委員会」が南部地区を含めた周辺整備方針として「巨大ダム建設を契機として、夕張岳の自然や炭鉱などの歴史を資産として守り育てる」ことを諮問しました。これは「炭鉱の歴史資産」である三菱大夕張鉄道の車両を地域の遺産として守り育てる我々の活動が評価されたものと思います。この諮問を具体化すべく更に活動を強化したいものと思いますので、多くの皆様のご指導・ご支援をお願いします。

沿革

1999年 発足
2002年 読売新聞社北海道支社主催「2001年・北のくらし大賞」奨励賞
2007年 経済産業省近代化産業遺産認定
2012年 北海道文化財保護功労者受賞

詳しい活動の記録は制作中です。

会員募集

こちらをご覧ください

寄付のお願い

こちらをご覧ください

コメントをどうぞ