南部汽車フェスタ2002


平成14年9月08日
南部汽車フェスタ2002

午前10時より、汽車フェスタ2002が行われました。

当日は好天に恵まれ、

1.パネル資料展示・ビデオ上映

2.ブタ汁、珈琲等の無料サービス

3.ラッセルとホームの点灯(花火?)

4.グッズ頒布、鉄道古書販売

5.懐かしいダルマストーブ登場

6.エコレール「特別協賛 十勝漫遊舎様」

などが行われました。

 


ラッセルのヘッドライトが点灯して
います


スハニ6の車内です。大夕張鉄道の

歴史を紹介や修復作業の様子をパネ

ル展示、当時使用されていた部品な
どがおいてあります。



同じく車内です。車両の電装は生き

ているのでディーゼル発電機で点灯
しました。



オリジナル絵葉書や古書の販売、
豚汁の配食もありました。


豚汁~。大きななべに何杯分も用意

されていたので皆さん食べるのが大
変なほどでした。


車内。家族連れも多く見にきてくださ
いました。

石炭焚きのだるまストーブ。お湯を沸
かしてコーヒーを飲みます。


国道をはさんで会場を見ます。天候は

午後一時曇りましたがそれ以外は暑く
大変よい天気でした。


駅名看板です。河合さんが写真から
苦労して転写、作成しました。

野口さん製作のエコレールです。
転車台でクルッと車体の向きを
変えます。


線路幅が小さいので前の”客車”に人を

乗せたほうがかえって安定した走行がで
きます。



長さは50メートル。タイヤが踏む枕木

のゴツゴツが小気味よいジョイント音を

出し、実車のような感じを楽しめます


よっこらせ


お母さんと子供2人を乗せて一見重そう

ですが、子供が漕いでも意外とスムーズ
に走ります。



前の”客車”は自転車の前輪をはずして、
その軸に固定されています。


三弦橋を見に行きました。ダムの点検らし

く、水を抜いたため、鉄橋の橋脚がはっき
りとその姿をあらわしました。