平成15年度第7回目定例作業日


 

平成15年11月16日

今日はJR北海道企画

「『ぽっぽや号』で行く炭鉱で栄えた夕張地方旧私鉄を巡る旅」ツアー

参加者がバス3台140名で見学に来ました。保存車輌見学後、シューパロ湖畔の

廃線跡や森林鉄道の三弦橋を見学した。ツアー参加者の中には夕張出身者も多く、

客車内に入り懐かしい保存車輌に親しみ、南大夕張を後にした。

見学者が帰った後、駅名板を片付け、車両のドアに鍵を掛け、

最後に車両にシートを掛け冬囲いをしました。

雨や雪もなんとか大丈夫でした。

これで来春まで車両達は冬眠します。

冬期間1、2回位車両の雪下ろしの予定をしています。

作業参加者は13名でした。



ツアー客受入準備OK!

ツアー一行到着

思い思いに写真を

グッズ領布中

記念撮影

車内見学

キ1も点灯

廃線跡探訪

三弦橋

駅名板も冬眠に

シートを被せられ、客車も
来春まで冬眠です。

 

1