ナハフ1の復旧


ナハフ1復旧!!

春より転倒していたナハフ1ですが、多くの方のご努力と署名等多くの方のご協力により夕張市もようやく行動をおこしてくれて、無事、12月13日復旧がなされました。

当日は、天候は曇りがちで寒かったものの心配していた悪天候とはならず順調に終了いたしました。

作業は110tトラッククレーン、40tラフタークレーンの2台のクレーン車により行われました。

MVC-001S
このクレーン車が活躍です

本体2ヶ所にワイヤーを回され三角吊りで転倒を回復。

MVC-002S
まずワイヤーをかけます
MVC-003S
ワイヤーをかけます
MVC-004S
鳶の方が車体の下に入りました
MVC-005S
残念ながらワイヤーの
あて板がなく、直掛けでした
MVC-006S
いよいよ釣り上げです

その後片吊りで台車を線路上に復線。

オハ側、セキ側の順で台車に客車本体を載せる。

MVC-007S
オハ側から釣り上げが始まりました
MVC-008S
車体が浮き上がりました。
MVC-009S
MVC-010S
側面から見ると
MVC-011S MVC-012S
MVC-013S
そろそろと台車に
はめてゆきます
MVC-014S
何とかオハ側は台車に
はまったようです

作業終了。

MVC-015S
無事作業は終了したようです
MVC-016S
クレーン車と客車
MVC-019S
MVC-022S MVC-023S MVC-020S
客車が復旧するとなんだか
華やいでみえますね

と言った手順でおこなわれました。

MVC-017S
STVテレビの取材を受ける
今井事務局長
MVC-024S
作業に立ち会ってくださった
バス保存会の方々

復旧作業に携わった方々、またシューパロ塾、三菱大夕張鉄道保存会の活動に理解を頂き声援を送って下さった方々に深く御礼を申し上げます。