2015年版三菱大夕張鉄道保存会オリジナルカレンダー頒布開始


三菱大夕張鉄道保存会ではオリジナルカレンダー「Memory in the 60’~80’s・汽笛の響いた街 夕張」を制作・頒布しています。

炭都として栄えた夕張市は1960年代に最盛期を迎え、石炭列車の汽笛が山峡に響きました。70年代に入り炭鉱合理化が進む中、SLブーム到来により多くの鉄道ファンが夕張を訪ねました。
1981年には石勝線が開業、街の変貌と共に特急・リゾート列車が市内を駆け抜けました。古典輸入機関車が最後の活躍を見せた北炭真谷地専用鉄道、錦沢を行く夕張鉄道の気動車やD51重連の石炭列車、市内を駆け抜ける特急列車等、60~80年代の夕張の鉄道情景が捉えられたカレンダーは変貌する夕張の鉄道の記録ともなっています。

サイズはA4版・見開きA3で、中7ページ構成。

2015cal

郵送にてご購入

1部につき500円分の受取人無記名の定額小為替と、送料分の切手(1部205円、2部250円、3部400円)を郵送で三菱大夕張鉄道保存会事務局までお送りください。
〒069-0855 江別市大麻宮町4-6-502 三菱大夕張鉄道保存会事務局

直接頒布

  • 活動日に南大夕張でもお取り扱いします。
  • 夕張市 文化堂
    (夕張市清水沢3丁目25 石勝線夕張支線・清水沢駅より徒歩1分)
  • 札幌市 北海道オプショナルツアーズ㈱
    (札幌市中央区大通1丁目さっぽろテレビ塔…1F)
  • 江別市 夕張鉄道㈱夕鉄旅行センター江別営業所
    (江別市東野幌町12-2 夕鉄バス野幌バスターミナル内)
  • 岩見沢市 そらち炭鉱(やま)の記憶マネジメントセンター
    (岩見沢市1条西4丁目3 JR函館本線・岩見沢駅より徒歩3分)
  • モデルズ・イモン各店・通信販売